ICU看護師の生活

ICU(集中治療室)からの離職@【復職もできるのが看護師のメリット】

私は約7年程ICUで勤務しました。7年の間に事情があって一度離職しているので、正確には2年+5年の勤務期間でした。

 

離職していた期間が2年近くあったのですが、その間は病院関連の仕事は一切せず、主に販売の仕事をしていました。販売の仕事も楽しかったのですが、やはり看護師の仕事をやり残した感がぬぐえず、もう一度看護の仕事に戻りたいと思うようになって復職しました。

 

退職した理由が理由だったこともあり、まだICUで働いていた同期を通して上司に相談したところ、復職したいという私の思いを快く受け入れてくれ、またICUに戻してもらえることになりました。復職に関して、上司や管理職の方には本当にお世話になり、とても感謝していましたし、離職していた分看護に対する情熱というかやる気が溢れていましたので、復職してからは自分で言うのもなんですが、本当に一生懸命がんばりました。

 

ICUへ復職して感じたこと

離れていた間に同期は中堅ナースになっていましたし、後輩もたくさん入っていました。そして、専門看護師や中途で入った同じ年齢のナースもいたりで、離職する前とは環境が明らかに違い、とても刺激的でした。

 

客観的に見て、やはり中途で入ってきた人は、同じ平の看護師とは言え経験してきたことや持っている情報量が多く、同じ看護をするにしても視野が違ったりアプローチの方法が自分の想像を超えていたりしました。そんな中で看護を学ぶうちに、自分も本当に成長させてもらったと感じています。勉強も惜しみなくしましたし、忙しい時間の中、プライベートの時間を割いて患者さんやご家族に関わったりもしました。とても充実した時間で、あっという間に過ぎた5年だった気がします。

 

再度の離職

そうやって一生懸命働いたことを全く後悔してはいませんが、やはり全力疾走の時間はそう長く続くものではありませんでした。年齢を重ねていくにつれて体力的に辛くなっていくのも事実ですし、キャリアが上がっていくにつれて責任が重くなっていくのは避けられません。

 

大きな病院だったので、独身のスタッフや結婚していても子どもがいないスタッフには特に、通常の業務以外に委員会やら会議やら色々な業務が回ってきます。そして後輩の指導。全力疾走していた私は、心身ともに限界を感じてしまいました。5年の間に環境が少しずつ変化していたことも離職を考える原因でした。尊敬する先輩や医師が次々に職場を離れていく中で、自分の求めていた看護ができなくなってきたことが一番のストレスだったように思います。

 

離職するメリット

5年間の勤務である程度達成感を感じていた私は、もう一度離職することを決めました。

 

少し休憩しようと思って辞めましたが、もしまた復職することになっても、看護師はいつでもまた働けるのが大きなメリットです。

 

転職を繰り返すのは自分のキャリアを汚すことになるので勧めませんが、メリットを活かす意味でも、キャリアアップする意味でも、別の環境に身を置くことは看護観を磨く意味でもとても意義のあることだと思います。

 

実際、復職する前離職していた2年の間は、看護とは全く関係のない販売の仕事に携わっていましたが、看護師に戻ってからそこでの経験が役に立つことがたくさんありました。看護の仕事は本当に様々な人と関わらなければならず、コミュニケーション能力も求められます。

 

どこで何をするにしても、看護師に戻って無駄になる経験は絶対にありません。もし、今の現状に納得できない、自分のやりたいことができない、と思っている方は、勇気を出して離職してみるのも一つの方法だと思います。ただ、隣の芝が青く見えただけ、という現実があるのも事実。自分の今の現状が、本当に離職に値すべき環境なのか、よく考えてから実行に移すことをお勧めします。

 

ICU(集中治療室)の看護師になるためには TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ICU看護師になりたいなら


 
TOP ICU看護師の業務 ICUの求人 ICU看護師体験記 ICU看護師になるためには