ICU看護師の生活

ICU(集中治療室)からの離職A【7年間働いて感じたこと】

ICUにいた7年間の中で、本当に色々なスタッフとの出会いと別れがありました。別れの理由は異動、退職、転職など様々でしたが、そんな中で感じたことをお話ししたいと思います。

 

看護は楽しい

私は現在妊娠のため離職中ですが、看護の仕事がとても好きです。やりがいもあるし、満足してはいないけれど報酬もそれなりにはもらえます。他の職業に比べて、看護師に向けられる患者さんからの感謝の気持ちは比べものにならないくらい大きく深いと思いますし、それを私たちはダイレクトに受け止めることができます。もちろん、その反対に嫌なこともダイレクトに受けることになりますが。

 

私は、患者さんやご家族と関わることがとても好きでした。いつもどうしたら患者さんやご家族の利益になるか、そればかり考えていたように思います。もちろん、残業になったとしても業務時間内だからです。仕事だから。でも、もらった報酬以上のことはやってきたんじゃないかという自負はあります。

 

変わっていく環境と離職していく人

そうして一生懸命仕事をしているうちに、尊敬していた先輩や医師が色々な理由で職場を離れていき、新人や新しい人がたくさん入ってきて、環境がどんどん変わっていきました。時代も変わっていきました。それまで当然のように行われていたことができなくなったり、ミスが増えたり、これまででは考えられないような事態が起こったりもしました。責任感が強い人ほどそんな環境や状況に耐えきれなくなり、疲れてしまうのです。私もそんな中離職をした一人ですが、私の離職後も良いスタッフは次々にいなくなっていきました。

 

現場に残れる人

今でもICUに残っている同期と会ってICUの話を聞くことがありますが、残っているスタッフを見ると、みんなどこか手を抜ける人です。そして自分を責めすぎない人

 

ICUにいた頃の私は、そうやってどこか手を抜いて仕事をするスタッフのことをどこか軽蔑すらしていました。ここはICUなのに、という気持ちがあったことも否めません。なにもICUに限ったことではないのですが、患者が重症である程、本当に、看護師の気づき一つで状況が変わってしまう事態が起こり得るのです。看護の仕事は一人では決して成り立ちません。だからこそ、みんなが同じようにがんばってほしいという気持ちが強かったのだと思います。でも逆にだからこそ、自分一人が責任を感じすぎる必要もないのです。

 

仕事の仕方

当時全力で仕事をしていたことを後悔してはいません。でも今感じることは、私のように全力疾走で仕事をすることが果たして本当に良いことなのだろうか、ということです。

 

患者さんにはもちろん利益になるでしょうし、質の良い看護が提供できることも事実だとは思います。ただ、そのせいで看護師が続けられなくなってしまうのは本末転倒ではないかと思うのです。私は、離職してから小さな病院や、病院以外の施設で働いたり、海外に滞在したりもしましたが、そこで出会う看護師さんたちは疲れて離職したという人がとても多かったです。

 

もっと責任を感じずに自分の好きな看護だけしていたい、というのが本音な気がしました。そして不思議と、仕事のできる看護師さんが多いのです。もちろん私の見た範囲の話なので、一概に断言はできませんが。。。

 

長く働ける方法を考える

若い頃は全力で仕事をして、たくさん吸収することが必要です。責任感を感じることもとても大切です。人の命を扱っているのですから当たり前です。新人なのに手を抜くことを覚えてしまっては成長は望めないと思います。ただ、ある程度の経験を積んだ後、年齢を重ねていくことで変わっていくライフスタイルに合わせて、看護師としてのあり方を考え直すことはとても重要だと思います。

 

ライフスタイルに合わせて離職したり転職するのも一つの方法だと思いますが、転職を繰り返すことはキャリアを傷つけることにもなりますし、給与の面や職場での融通、優遇面を考えた時、同じ場所で長く勤務をすることはとても大きなメリットになります。福利厚生がしっかりしていたり、自分のライフスタイルに合った病院を選ぶことがまずは大切ですが、一度職場を決めたら、長く続けていける方法として、いい意味で諦めたり、手の抜き方を覚えることもとても大切なことだと感じています。

 

ICU(集中治療室)の看護師になるためには TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ICU看護師になりたいなら


 
TOP ICU看護師の業務 ICUの求人 ICU看護師体験記 ICU看護師になるためには