ICU看護師の生活

ICU(集中治療室)での反省【後輩の指導をうまくする方法とは】

先輩の立場から

こちらでは、新人の立場からではなく、少し上になった立場からのお話をしたいと思います。みんな誰しも、いつまでも新人でいるわけではありません。時が経てばどんな人でも経験者となり、年数を重ねていきます。先輩の立場になった時に、後輩をどう見て指導すべきか、とても難しい問題です。

 

私はICUに合計で7年程在籍していましたが、新人の頃から厳しい先輩や同期に恵まれて育ちました。一度離職してまたICUに復職したのですが、その時も先輩や同期にはたくさん助けてもらいました。同期を見ながら、離職していた期間のブランクもあるし、遅れてしまった分、なんとか頑張って追いつこうという気持ちもあり、復職後は本当に一生懸命がんばったと思います。お金も時間も、仕事にたくさんつぎ込みました。

 

先輩から見る後輩

そうして時間が過ぎていき、もともとICU経験者でもあったので比較的早く色々な仕事が回ってくるようになりました。リーダーやプリセプター、夜勤の責任者など行っていくうちに、後輩の指導をする機会も増えていきました。私個人が一心不乱に仕事をしていた内は全く構わないのですが、自分に余裕が出てきたり、下の子の面倒を見るようになってくると、自分が一生懸命な分、人のことが気になりだします。

 

小さなミスや雑なケア、観察不足など気にし出したらきりがありません。そして当然のように、人に対しても自分がやることと同じクオリティーを求めてしまいます。細かいところまで気になってしまって、自分もイライラ、相手も指摘されて嫌な気分、悪循環になっていくと互いに良いことはありません。なるべく叱らないよう気を付けてはいましたが、何しろ小言が多いし、細かいところまで突っ込ので、後輩からは厳しい人と言われていたようです。

 

今思うこと

これは、今思い返しても反省すべき点ですが、その頃の私は力を抜いて仕事をするということを知りませんでした。だってICUです。ちょっとしたことで消えてしまいそうな人の命を扱っているのだから、それが当たり前。そんな風にいつも思っていたし、そう思わないスタッフを見ると心底信じられない気持ちでした。

 

私たち看護師の小さな気づきやケアで、患者さんは良くも悪くもなるのです。そして、そうやって仕事をしていると、自然と先輩や医師からの信頼が得られます。だからこそ自分の好きなように仕事ができるのです。ですがその反面、後輩からは厳しい人、やりづらい人と思われても仕方ありません。

 

職場を離れてみて、また色々な施設に行ってみて改めて感じることですが、看護師という職業を選ぶ人は選ぶ理由も十人十色です。自分と同じように熱い気持ちで看護をしている人もいれば、失礼ですがお茶汲み程度の気持ちでやっている人もたくさんいます。それを知らなければチームワークを円滑に進めていくことはできません。でも当時の私はそれを知りませんでした。患者さんに感情移入しすぎていたのかもしれません。それはとても良い反面、後輩に対しては悪い面もたくさんあったように感じます。

 

心に留めておくべきこと

ピリピリしていた私に、ある先輩が声をかけてくれました。「どんな医者にあたるかも、看護師にあたるかも、その人の運命だから」と。その当時は、それでも患者さん本人やご家族のことを考えると到底納得できない!と思っていましたが、今ならなんとなく分かる気がします。自分が最大限の仕事をすることは大切ですが、人は自分と同じように考えているわけではないということ、覚えておくべきだと感じます。

 

ICU(集中治療室)の看護師になるためには TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ICU看護師になりたいなら


 
TOP ICU看護師の業務 ICUの求人 ICU看護師体験記 ICU看護師になるためには