ICU看護師の生活

新人としてICU(集中治療室)に配属された方へ【新人の心構え】

私は合計で7年程ICUに在勤していたわけですが、そこでの7年間は今思えば本当に充実した7年間でした。たくさんの尊敬する先輩に囲まれながら新人として育ててもらい、最後の5年間は特に、本当にいつも一生懸命看護に取り組んでいたと思います。

 

環境の大切さ

私の勤務していたICUでは、私だけでなく一生懸命仕事をする先輩看護師や同僚がたくさんいました。

 

もちろん、同僚を見て学び、成長するわけですから当たり前と言えば当たり前です。みんないつも患者さんやご家族のことを考えていて、積極的に関わっていこうという姿勢がとても素晴らしかったように思います。施設によって看護のクオリティは千差万別ですから、私は恵まれた環境で育ったのだと色々な施設に行ってみた今だからこそ改めて感じています。

 

新人の頃にどういう教育を受けるか、どういう環境で学ぶかというのは、その後の自分の看護観に大きな影響を及ぼすと思います。新人の方にとっては、良い環境というのはもしかしたら辛い環境とも言えるかもしれません。

 

ですが、看護の仕事が好きで、理想の看護師像があるような方には、ぜひ良い環境の中で育ってもらいたいと思ってしまいます。私が大学4年生の頃、就職先を決めるときに、老人看護に興味があった私は、大学の先生に老健への就職を考えていることを伝えました。

 

その先生から言われた一言は、「施設にはいつでも行ける、新人のうちは大きなところでできるだけ多くのことを学んだ方がいい」というものでした。その先生の一言で就職先の検討を変えた私ですが、本当によかったと今は心から感謝しています。

 

新人は辛いもの

さて、そんな恵まれたICUという環境で育った私ですので、新人の頃は先輩とは非常に怖い存在でした。

 

理不尽に怒られたりすることはほとんどなかったですし、人間関係はとても良い職場でしたので、怖いと言うのは失礼なのかもしれませんが、とにかく厳しいのです。

 

患者さんの状態は不安定で、いつ何が起こるか分からない状況の中、厳しくならざるを得ないわけですが、新人の頃はとんちんかんな報告をしては突っ込まれる日々でした。先輩のその突っ込みがあったからこそ学びがあり、アセスメント力が伸びるのですが、新人にとっては恐怖でしかありません。また何か言われたらどうしよう、と先輩の前で萎縮してしまう新人をたくさん見てきました。

 

新人なのだから仕事ができなくて当たり前なのですが、それでは許されない現実があることも事実。その期間を乗り越えるまでは試練です。でもいつか終りが来ます。そして終りはそう遠くはありません。がんばっていれば必ず評価してもらえるはずです。

 

辛くなってすぐに辞めてしまう新人さんも本当に多いのですが、どういう会社に入っても新人の頃が大変なのは同じですし、せっかく看護師になったのですから、すぐに辞めてしまってはもったいないです。しばらくは続けてみて、自分に合うのか合わないのか、見極めてほしいです。同じ病院でも診療科や施設によって働く環境は全く違いますし、適材適所は絶対にあるので、自分に合った場所を選んで、ぜひ看護師を続けていってほしいなというのが個人的な思いです。

 

ICU(集中治療室)の看護師になるためには TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ICU看護師になりたいなら


 
TOP ICU看護師の業務 ICUの求人 ICU看護師体験記 ICU看護師になるためには