ICU看護師の生活

IABP(大動脈バルーンポンピング)の業務について

ICUでは様々な機械を使います。使用頻度が高いのは、身近なものだとシリンジポンプや輸液ポンプ、人工呼吸器、AEDなどが思い浮かびますが、他にも非挿管時に使用する呼吸器や経皮的心肺補助(PCPS)、大動脈バルーンポンピング(IABP)、持続的血液ろ過透析(CHDF)、低体温療法の冷却機械などはよく見かけますし、他にも細々とちょっとした機械というか機材がたくさんあります。

 

患者さんに合わせて新しい機械をその都度導入したり、慢性期の急性増悪の場合などは在宅で使用しているものをそのまま持ち込んで使うこともあったりで、医師やME(臨床工学技士)、や業者の方に説明を聞きながら使用する場合も少なくありません。

 

IABPとは 大動脈バルーンポンピング

今回はその中でも大動脈バルーンポンピング(IABP)についてざっくり説明したいと思います。

 

IABPは、簡単に言うと心血管の血流を促して心機能を補助する機械です。心臓には大きく分けて3本の血管があり、そこから枝分かれして心臓全体に血液がめぐるようになっています。そのどこかが詰まってしまったり、血管が細くなったりして血流が滞ってしまうと、心血管の血液量が減少して、心筋に酸素がいかなくなったり不足したりしてしまいます。

 

IABPは、心血管の血流を増やすことで、心血管の詰まりや血流不良を防いだり、心機能の低下を防ぐ役割をします。ですので、心筋梗塞の場合や、治療後の再梗塞予防、未治療部分の血流確保など様々なケースで使用されます。

 

IABPの効果とリスク

IABPはカテーテルです。長いカテーテルの周りに風船のようなものがついていて、心臓の動きに合わせてそれが膨らんだりしぼんだりすることで心血管の血流を確保できる仕組みになっています。とてもありがたい機械ですが、非常に危険なことも確かです。

 

細かい機能についてはここでは説明しませんが、管理する以上はIABPがどんな機械でどのようなリスクがあるのかもちろん熟知していなければいけません。知らなければ予防することができないからです。機械がついていると、機械の補助を受けているわけですから管理がきちんとできていて、患者さんに合わせて間違いなく作動していれば何もつけていない時よりもむしろ状態的には安心です。

 

ですが、機械に頼らざるを得ない程、患者さんの状態が不安定なのだということは忘れてはいけません。いつ何時、機械に不具合が生じるか分かりませんし、そういった場合、機械に頼っている患者さんほどリスクが高いのですから。

 

IABP装着時の精神的看護

さて、IABPを装着している場合、鎮静をかけていることも多いですが、鎮静剤を使わずに装着している場合も同じくらい多いです。夜間は睡眠を確保するために薬剤を使用することも多いですが、患者さんは24時間ずっと、IABPを挿入された側の足は曲げることもできませんし、起き上がることもできません。

 

食事を取る場合は寝たまま食べます。左右の体位変換はもちろん行いますが、腰痛を訴えたり、長期になるとせん妄になる患者さんがとても多いです。こういった意識のある患者さんに対する精神的ケアは、循環の管理と同じくらい大切です。自分だったらどうでしょうか。24時間同じ姿勢で寝ていると、肩や腰がバキバキになりませんか?それを患者さんは長いと何日も耐えなければならないのです。

 

挿入側以外の運動、湿布の使用やマッサージ、今後の予定を伝えて励ましたり、世間話をして気を紛らわす、夜間は眠れるよう睡眠コントロールを考える、昼夜逆転の予防策をとるなどなど、看護師の役割はたくさんあります。IABPを装着したまません妄になってしまった患者さんほど恐ろしく危険なものはありません。

 

いかに未然に防ぐか、患者さんの安全を守るためにも、自分たちの身を守るためにも、とても重要な仕事です。

 

ICU(集中治療室)の看護師になるためには TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ICU看護師になりたいなら


 
TOP ICU看護師の業務 ICUの求人 ICU看護師体験記 ICU看護師になるためには